アーカイブ

スッポン

いつも行くスーパーに行ったら,生きた大きなスッポンが売られていた.

これまで,スッポンは2,3回料理したことがある.
基本的にネットで購入するか,卸売市場で購入する方法で,まさかスーパーで売られているとは思わなかった.
捌かれたスッポンなら調理しやすいが,生きたスッポンを殺すところから始めて調理した時は,2~3時間下処理がかかっていた.それも,初回の調理の時に兜割のように頭を半分に割ろうと馬鹿なことをして爪を深く切り,その傷は10年近く経ってもまだ消えていない…

子どもがとても興奮して反応していたことと,生きたスッポンをある程度捌いてくれるとのことだったので,購入した.

売ってるスーパーの調理師さんは,捌きながら,”こんなグロテスクなものを…”と,超~嫌そうな顔をしながら包丁を使っていたのが印象的だった.

これまでは,スッポンの生き血ジュース,丸鍋,雑炊と定番しか作ったことが無かったが,以前「美味しんぼ」でフグよりも美味しいスッポンの唐揚げとあったことを思い出し,今回はスープと唐揚げを作った.

内臓を切っているとき,釣り針が出てきて,気づかなかったら危なかった…養殖のはずなのに針を飲み込んでいたのだ…

レシピ(唐揚げ)

  • ある程度ぶつ切りにし,熱湯をかけて丁寧にぬめりを取る(臭みが無いように).
  • 手足と首の肉は日本酒と醤油を1:1,おろしニンニクを入れたタレに漬けて下味をつける.
  • その後水気をとり,小麦粉をまぶし,油で160℃で中まで火を通した後,180℃でさらに揚げる.

レシピ(スープ)

  • 今回は洋風にするため,上記で使ったその他を圧力鍋で煮込む.その際ブーケガルニを加える.
  • 後は適当に野菜を加えて味を調える.

4歳児の男の子は,唐揚げを「旨い旨い」とバクバク食べ,スープも頭の部分を入れてくれと懇願し,頭蓋骨から肉をほじって食べていた.

今年はナマズも食べたが,安価で美味しいものを発見したい.

少しだけ,スネークセンターで蛇料理が食べられなかったのが残念である…(蛇は嫌いだからスネークセンターにはもう行きたくないけど…).

梅酒

今年も梅酒の季節がやってきた.

昨年はあっという間に季節を過ぎ,気づいたら梅はなくなっていた.

今年は沢山作ろうと,スーパーに行くたびに毎回チェックしていた.
ようやく青梅が販売されるようになってきており,試しに一瓶作ってみた.

レシピ:

  • 梅酒用の瓶を熱湯で殺菌しておく.
  • 青梅1kgを2時間以上水につけてあくをとる.
  • 梅のヘタを綺麗に取って,水分を取る.
  • 氷砂糖0.5kgと梅を交互に入れていき,ホワイトリカー1.8Lを加える.
  • 日陰で3か月以上寝かす.

梅は青梅,完熟したもの,お酒もホワイトリカーやブランデーベースと色々試したことがあったが,青梅とホワイトリカーがすっきりしていて美味しいと思う.

3年前の梅酒は濃厚な味わいになっている.

梅酒だけではなく,コーヒー酒やブルーベリー酒なども作って放置しているが,流石にそろそろ始末しないといけないなあ…

おでん(牛すじ&大根&卵&巾着メイン)

■下ごしらえ■

○牛すじ
100円前後の牛すじを購入し,
1.そのまま茹でて沸騰させ,ゆで汁を捨て,水にさらす
2.食べやすい大きさに切り,更に茹で沸騰させ,ゆで汁などを捨てる
3.ブーケガルニや生姜(好みで麺つゆ)とともに圧力鍋で20分程度圧をかけ放置する.
4.冷えた後,好みによって3を繰り返す.
→おでんや牛すじカレーへ

○固ゆで卵
1.卵のお尻をスプーンなどでたたきひびを入れる(空気を抜く)
2.卵が被る程度のお湯を鍋で沸騰させ,沸騰したら弱火にし,冷蔵庫から卵を直接入れる.
3.弱火→中火で12分ゆでる
4.冷水で冷やし,冷水の中で殻を剥く
→ひびと過熱後の温度差で綺麗に卵が剥ける

○大根
1.3~4cmの輪切りをして,皮を厚めにむく.
2.大根の角を面取りし,十字に隠し包丁をする.
3.可能なら米のとぎ汁で下茹でをする.大根臭さやアクが和らぐ.そうでないなら水で下茹でする.竹串が通るぐらいまで茹でる.

○巾着
1.油揚げを湯通しする.
2.お餅を油揚げの中に入れ,爪楊枝で閉じる.

○こんにゃく
1.適度な大きさに切り,切込みを入れ,塩を全体にまぶして5分置く.
2.1分ぐらい下茹でをする.

○練り物
1.湯通し,余計な油と臭みを取る.

○汁
1.あごだし,鶏がらスープ,昆布入り麺つゆで味を調える.

■作成方法■

1.準備した具材を鍋に配置し,汁を加える.
2.煮込む.
3.味がしみ込むように,温度を下げる工程をもうける.
→一晩おく.

◆完成!◆

kimg0779