アーカイブ

今後の方向性に関する備忘録

これまで,活動する場所・参加メンバー,活動内容などについて,自分の予想通りにいかず苦しんできたが,現在は少ないながらも一緒に活動できるメンバーができたことと,活動場所ができたこともあり,苦しんだ反動もあって色々アイデアと自分の中の行動力ができてきたように感じる.

もう一度活動の方向性について,プラスすることを考えて今後実行していきたいと思う.

  • 大学との連携協定模索
    個人の活動として気楽に楽しみたかったが,自分の理想のためには一人では無理なことが多く,より活動を知ってもらい,参加してもらえることが重要である.このために可能なら大学と連携協定が結ばれるように出来たら…と思っている.次に,地域連携協定を結ぶことにより,社会人が無料または安価に大学で修士号や博士号が取れるようにできないか,模索したい.
  • 大学内にサークルを作る
    授業でNPOの紹介をし,それなりの人数が興味を持ってくれた.そのままNPO活動に参加してもらえれば良いが,プログラミングや3Dプリンターなどの知識・技術は分野を問わず重要で,子どもが苦手・プログラミングが苦手・NPOまではできないという学生も沢山いるので,自由に遊びながら勉強したり望めばNPOにも参加できるように,大学内にNPOと同じ理念のサークルを作り,参加メンバーを募集して活動することにした.

上記は上手くいくか分からないけど,チャレンジする価値はあると考える.

QGISとFusion360

今週は色んな事があり,とても忙しかったです.
基本的に人と接するのは苦手でエネルギーを沢山使うので疲れ果てました.
その中でずっと気になっていた同じ大学内の熊の専門家の先生に会いに行けたのは大きかったです.
私も狩猟免許を持っていますが,その先生もお持ち&定期的に狩猟にも行かれているので,今後野生鳥獣対策も含めて色々ご助言を頂こうと思っています.

さて,今週社会人向けのオープンカレッジ「GIS入門~GISでみる狩猟と自然環境と人間生活~」,「3Dプリンターによるパーソナルファブリケーション入門」を開講しました.
技術はどんどん新しくなることと,その応用について,半年前の教室でもこれから勉強しようと思って忘れていたことがあるので,備忘録として記載します.

1.「QGIS」を勉強しよう!
GIS入門で使用したArcGISは優れたソフトですが非常に高価で,無料GISソフトのうち,今後は自宅でも作業が出来るようにQGISの勉強をしたいと思います.
偶々受講生に越谷高校の先生がいらっしゃり,アライグマの調査を生徒とされているそうで,今後機会があれば一緒にQGISを使って調査結果をまとめられたらなと思います.同様に,昨年からやりたいと思っていたことに”カブトムシマップ”,”ザリガニマップ”,”笹目川の生態調査マップ”の作成があり,夏休みの自由研究の題材に使いたいなって思っています.時間と能力が無いので来年も同じことを言いそうですが…

2.「Fusion360」を勉強しよう!
3Dプリンターは産業構造や教育内容を変える重要なキーワードですが,3Dデータをいかに作れるかが問われます.これまで無料の123DDを使用していたのですがサービス終了になったのを先週知り,その後継推奨ソフトとして「Fusion360」があり,今後勉強していかなければならないなと思います.

来月は「社会人向けプログラミング入門教室」「レゴアイデアロボット教室」があります.特に社会人向けプログラミング入門教室は人が集まらないだろうなと思っていたらすぐに満員になったということを別の教室の受講生に聞いて驚きました.文系社会人でも10~20万円をかけてプログラミング教室に通う人がいることがニュースになっていましたが,子どもだけではなく大人も勉強する必要があり,そのためにすぐに自己投資する人は凄いなって思いました.現在内容を作っている所ですが,子ども向けプログラミング教室と同様重要なことは伝えながらプログラミングって面白いって思える社会人向け教室にしたいです.その教室の結果次第ですが,後期に今回の教室より時間が長めの社会人向けプログラミング教室を開催できたらとも思っています.

人に何かを教えると,逆に自分に足りないものや勉強しなければならないもの,勉強したいものが出てきます.色々勉強したくても日常生活に流されてしまいがちですが,少しずつ自分を変えていきたいものです.