アーカイブ | 11月 2017

TUAオープンカレッジ・スクラッチ中級教室終了

TUAのオープンカレッジであるスクラッチ中級教室が終了し,2017年度に企画したオープンカレッジも全て終了した.

スクラッチ中級クラスの内容は小学生にはなかなか難しかったと考えるが,プログラミングやスクラッチが好きな小学生には年齢関係なく,とても喜んでもらえたようだった.

最後に自由課題としてオリジナルソフトウェア作成について取り組んでもらったが,皆の前で発表したいという子もいて希望者に発表もしてもらった.

時間が無くて自分が思ったようなソフトウェアが完成しない子も多かったが,中には市販のゲームのようなソフトウェアを作成している子もいて驚いた.

来年度以降はなかなかオープンカレッジを実施することは難しいと思うが,今年度のオープンカレッジ・NPOボランティア活動を踏まえて次の活動案が浮かんできたので,2017年度の活動総括と2018年度の企画・計画に取り組んでいきたいと考えている.

 

 

赤毛のアンと未来少年コナン

先日漸くアニメ「赤毛のアン」50話を全部観終わった.

昔のように心を揺さぶるものがあるのかとても自分自身心配だったが,予想以上に感動してしまい,泣きながら観ることも多かった.

ずっと家族で観ることができて嬉しかったし,特に娘は感動してくれて,世代を超えた普遍のものはあるんだなと感じた.

マリラと同様に,幼かったアンがどんどん思慮深く美しく成長していく姿に,嬉しい気持ちと寂しい気持ちを重ねていく点,マシューとマリラの無償の愛が心をとても強く打った.

何気ないきっかけだったけど,赤毛のアンを家族で観れてとても良かった.

 

子どもに是非観てもらいたいと思っていたアニメに「赤毛のアン」と「未来少年コナン」がある.

流れで「未来少年コナン」を現在観ている.

そして,ハラハラ・ドキドキ・ワクワクしながら,コナンとラナに一喜一憂している.

 

わらしべ長者?

以前、「稲を育てています。」という記事を書きました。

干からびた稲の苗を拾った話で、その記事に載せた写真がこちらです。

1日目(植えた日)

 

30日後

 

この稲たちの後日談です。

知人に1株譲りまして、我が家で2株育てていました。

僅かな分けつで最後まで貧弱だった我が家の稲ですが、それでも9月1日に花が咲きました。

9月1日

しばらくすると、穂が伸びてきました。写真は9月10日現在の稲です。

9月10日

その後の稲の手入れ方法が分からなかったのですが、調べる余裕もなかったので、それなりに水遣りを続けていました。

稲刈りのタイミングも知らぬまま、どこかのタイミングで子どもとしようと思っていた10月中旬に台風が来ることを知ったので、台風が上陸する直前に刈り取りました。

前述のとおり、株が貧弱なため普通の園芸鋏でチョッキンし、わずか10秒ほどで稲刈り完了です。これを「稲刈り」と呼んで良いのだろうか、という疑問も若干わきましたが、そこはスルー。

さすがの私も、刈った稲を干さなくてはならないことは知っていましたので、逆さにして干すことにしました。

ドライフラワーみたい

拾った苗から、少ないながらもお米が収穫できました。

こちらは、五穀豊穣を願いお供えした後、種籾にしようと思います。

 

この度、生まれて初めて、稲の葉や茎を触りました。

子どもの頃ススキをよく触っていて、その鋭い葉で切り傷を作ったことが数知れずありましたが、稲の葉の鋭さはススキの比ではないと感じました。

稲の葉は側面だけでなく表面もザラザラ。さらに茎もザラザラで、下手に触ったら怪我をするなと。肌を出して田んぼに入ろうものなら、全身切り傷だらけになると思います。

長きにわたる稲作の歴史、先人の苦労をほんのちょっと感じた秋でした。

戸田市プログラミング入門教室アンケート結果

戸田市で開催したプログラミング入門教室のアンケート結果をまとめました.

初めての試みだったので企画・準備・実施・アンケート結果の取りまとめなど,非常に大変でした.

反省点も含め,2018年度の実施計画を立てたいと考えています.

https://teruma-lab.jp/npo/wp-content/uploads/2017/11/toda_report_17.pdf