アーカイブ | 7月 2017

活動記録:戸田市教育委員会後援 プログラミング入門教室(7/30)

7/30に戸田市教育委員会後援 プログラミング入門教室を,市役所隣の教育センター3F,研修室で実施しました.

1~4年生の親子教室(10:00~12:00,定員15組,申込み倍率:10.4倍),5・6年生教室(13:00~15:00,定員30名,申込み倍率:1.3倍)で,連絡がつかず欠席された方もいらっしゃいましたが,ほぼ満員になりました.

経緯は,無料でプログラミング入門教室を開催したいことを教育委員会に相談し,教員の研修用の教育センター3F・研修室を使用させて頂けることになり,チラシを各小学校で配布・Webサイトから申し込み・今回の実施となりました.

こちらも初めて使用する施設だったので,8:30~準備をしました.ゼミの学生も完全ボランティアで2名サポートしてくれました.

アンケート結果も踏まえて結果,感想として,

  • 親子教室・高学年教室を含めて小学生には「面白い」と多くは感じてもらえた.
  • 親子教室は多くは喜んでもらえたが,これまでと違う傾向としてアンケートでお父さんが難しかったと回答している例があり,これは初めてだった.
  • 今回の入門教室だけでは意味がなく,自宅で保護者が一緒にスクラッチを継続的にお子さんと楽しむことが重要であることなどを強調したが,伝わった保護者とそうでない保護者の差が大きいと感じた.
  • マウスがなかったので多少戸惑っている小学生はいた.
  • レゴマインドストームEv3についても紹介したが,オープンカレッジ受講者とは大きく異なり,興味・反応があった小学生もごく少数だった.
  • 当落選の連絡方法は基本的に問題なく,きちんとほとんどの人には連絡が届いていた.
  • 連絡されてもメールアドレスが正しくなくこちらから連絡できないケースが何件かあり,中には当選されているのにそれを伝えられなかったことは残念だった.
  • 学生も含めて完全ボランティアで実施していても,それを申込者や参加者には理解してもらえず,残念なやり取りがいくつかあった.

5・6年生の教室は定員以上になったのは7/30だけで,後は空席が多いため,その分を親子教室希望者に参加を打診する予定になっています.

ただ,受講希望者・これから受講される方・受講された方も全員そうですが,今回の入門教室だけを受けてもお子さんだけで理解することは難しいですし,基本的な前提として保護者が自宅でお子さんと一緒に行っていくためのきっかけの教室としています.

私の知る限りプログラミングを学校の授業だけで十分学ぶことは困難のため,お子さんを支援する保護者の力が一番重要であることが伝わって欲しいです.

 

活動記録:スクラッチ入門教室(7/28)

戸田市コンパルで,スクラッチ入門教室を実施しました.

初めて使用する施設だったので,8:30~準備をし,午前・午後でそれぞれ低学年・高学年の親子教室(各定員5名)を実施しました.

とても楽しんでもらっている親子もいらっしゃったので,大変でしたが単純にやって良かったと思いました.

活動記録:サイエンスフェスティバル(7/25)

7/25に芦原小学校における,サイエンスフェスティバルに初めて参加しました.

1か月以上の準備と,当日も9:00~準備,大学生も6名ボランティアで参加してくれました.

結果,感想として.

  • 来場者にはそれなりに楽しんでもらえたと考える.
  • スクラッチやレゴマインドストームなどを紹介しつつ,楽しんでもらいながら次につなげるイベントにしたかったが,学生が6名もサポートしてくれて頑張ってくれたにも拘らず,人数が多くてカオス状態になり,期待した結果は得られなかった.
  • 特に,自由研究教室については,全く説明も対応もできなかった.

イベントとしては基本的に成功だったと考えますが,単なるイベントで終わってしまい,非常に消化不良の気持ちを抱えました.

7/30スクラッチ教室の当落選結果の送付

プログラミング入門教室の申込みは7/25締め切りで,抽選及び当選・落選含めて7/30の教室に申込みの方全員に,7/26に結果のメールを送信しました.
諸事情で,東京農業大学のアカウントであるy3sasaki@nodai.ac.jpからBCCで送信しており,多数のメールを一斉送信しているからか,迷惑メールとして扱われ,お気づきになっていない方もいらっしゃるようです.

メールが届いていない方は,大変申し訳ありませんがご確認ください.
7/30親子教室の倍率は10.4倍,高学年教室は1.3倍で,特に親子教室については多くの方が受講できない結果となっています.

8・9月のスクラッチ教室の結果については来週ご連絡する予定です.

高学年教室は申込みが少なく希望者は全て受講できる状況で,親子教室については,それぞれ倍率が8/19:5.5倍,8/26:6.1倍:,9/2:5.1倍となっています.

しかし高学年の教室の空きを利用し,時間を変更して頂くことを前提に,親子教室は追加でおよそ30組の方にはご参加できる旨を連絡する予定です.

NPOサイトをご覧になっていない方が多いかと思いますが,同様に申込みされているお知り合いの方がいらっしゃれば,この情報をお伝えいただければ幸いです.

宜しくお願いします.

東京農業大学・NPOやおわらし 代表 佐々木

木工女子誕生

22日(土)にニッケン建設株式会社さん主催の「わくわくこうさくきょうしつ」に参加しました。
家では蒲鉾の板、割箸、段ボール、折紙等で我流に工作していた我が子が生まれて初めて釘と金槌を触りました。

打った釘は18本。だんだん慣れてきて最後の方には、釘を意図する位置に直角に打てるようになったようです。
帰宅後、父にねだり板と釘を買ってもらい、また何やら作っていました。

木工女子の誕生です。

この度お世話になったニッケン建設(と関連会社?)の社員さんには、イベント中に色々気配り目配りをしていただき、申込時に電話対応してくださった方を含め皆さんとても感じの良い方でした。お陰様でとても楽しく有意義な時間を過ごしました。ありがとうございました。
7月29日(土)、30日(日)にも戸田駅近くで夏祭りイベントがあるそうで、都合が合えばこちらにも伺いたいと思います。

カブトムシトラップ準備中

昨年カブトムシトラップにチャレンジしようと思っている内に夏が過ぎてしまった反省を踏まえて,今年は7月からきちんと準備をしている.

とりあえず,「ライトトラップ」と「バナナトラップ」を試してみる予定で,今週バナナトラップの準備をした.

複数のサイトをチェックして,バナナ,砂糖,ベーキングパウダー,お酒(焼酎が無かったので赤ワイン)をジップロックに入れて餌を作った.

が,発酵して強烈な匂いが出るはずなのに出ない…

よくよく考えると,ベーキングパウダーでは駄目で,ドライイーストじゃないと意味が無い可能性が高いと気づいた.

  • ベーキングパウダー:炭酸水素ナトリウム等を原料にするふくらし粉
  • ドライイースト:イースト菌を乾燥させたもので,イースト菌が発酵することによって炭酸ガスを発生させて生地を膨らませる

週末に間に合うように作り直さなければ…

オフラインの日

週末に一泊二日の帰省をしたのですが、その間、一切、携帯に触ることなく過ごしました。
実験でも何でもなく、単に忘れて外出してしまったからですが。
外出時の携帯は鍵と同じような存在だったので、持たずに外出したことが最初は不安で、また手持無沙汰でもありましたが、じきに慣れ、ちょっとしたバカンス気分も味わえました。

でもやはり不便だなとも感じましたので、私が何を不便に感じたかをランキング形式で書いてみます。

 第4位:時刻がすぐに分からない(腕時計をしないので)
 第3位:気になることをネットで調べられない
 第2位:スケジュールが分からない(webで管理しているので)
 第1位:写真が撮れない(カメラを持ち歩かず、かつ撮影したい瞬間があったので)

以上が私の場合ですが、何が不便かは人によって違うと思うので、比べてみるのも楽しいかもしれません。

たんけん、はっけん

お久しぶりです!A子です。
我が家は早くも夏風邪で一家全滅しましたが、皆さんはお変わりありませんでしょうか?

ところで、このフレーズをご存知ですか?
どこかで聞いたことある!という方いらっしゃいますか?

しらないことが おいでおいでしてる
出かけよう くちぶえふいてさ

そうです!「たんけんぼくのまち」の主題歌です。

私、この番組、チョー好きでした(笑)
歌も、番組も、主人公のチョーさんも、チョーさんが描く地図も、大大大好き!

この番組の影響だったのか、子どもの頃、私も近所の地図を作ったことがあったんですよね。早起きして紙と鉛筆をもって。
私が住んでいたのは、庭つきの戸建ての家が並ぶ住宅地だったので・・・その庭になっている果樹マップを作っていました。

歌は続きます。

びっくりしようよ あららのら?
しらべてなっとく うんそうか!
おもしろ地図を ひろげよう
たんけん はっけん ぼくのまち

ところで、このNPOやおわらしサイトでも、おもしろ地図が作れるようになったのは、このブログを読んでくださっている皆さんの多くは既にご存じではないか思いますが、改めて紹介させていただきます。

じゃじゃん。

「笹目川環境調査マップ」「埼玉県ザリガニポイントマップ」です!

「環境調査」というと何だか難しい印象がありますが、生物を見つけたら写真を撮ってその場所を覚えておく。あ、でも花壇に植えられた植物や桜の花は美しくてもダメですよ。
詳しくは、笹目川環境調査プロジェクトのページをお読みくださいね。

あと、ザリガニマップの対象範囲は埼玉県、広いよ!
秩父とか旅行に行った時も頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

おまけ

たんけんぼくのまちの主題歌、元は1番しかなかったそうですが、チョーさんが2番と3番の作詞をなさったのだそうです。
お互いに歳を重ねた分だけ余計に心に響く、そんな風に思える歌詞です。

http://ameblo.jp/chosans/entry-10432491247.html

Robotics Education Day 2017準備その他

教育版レゴマインドストームの正規代理店である株式会社アフレルの依頼で,7/16(日)に品川で開催されるRobotics Education Day 2017に参加・講演予定である.

レゴマインドストームとは,レゴ社がMIT(米国マサチューセッツ工科大学)と共同開発した,レゴブロックに,コンピュータ,センサー,モーターなどが一緒になった教材で,小中高校・高専・大学・企業で人材育成のために活用されている.

難点は,価格が5~6万円前後し,買っても教えてもらわないとプログラミングも含めて簡単に活用できないことである.

図 教育版レゴマインドストームEV3のロボット例

図 家庭版レゴマインドストームEV3のロボット例

個人的には,レゴマインドストームの第2世代であるNXTの時から大学の実験・実習・卒論などで使っており,もうその活用は10年近くになる.それを5~6年前から小学生のTUAオープンカレッジで教室を開くようになり今に至っている.オープンカレッジに参加した保護者でも知らない人も多く,非常に良い教材だが認知は低いようである.

Robotics Education Day 2017では,大学などで活用している実例を講演するということで,連日のオープンカレッジやスクラッチ教室の実施,サイエンスフェスティバルの準備をしつつ,何とかプレゼンテーションファイルを作ってデータを送ることができた.NPO活動についても発表予定である.

大したことをしているわけではないので声をかけてもらえただけでも非常に有難いが,3連休の中日になっていたことを後で気づき,引き受けたことに少し後悔している…

7~8月は特に色んな所でスクラッチ教室などを開いたりするが,休日をつぶすため家族を犠牲にしており,個人的な負担に加えて家族に対して申し訳なくなる…

色々理想もあるが,そもそもこのNPO活動をして,自分や家族に何のメリットがあるのか,最近悩んでしまう…

メリットは自己満足だけで,デメリットは多数…というのが現状である.