アーカイブ | 2017年5月12日

プログラミングって何にゃ?

皆さんお元気ですか。A子です。

先日、学校で本を読むボランティアをしたいと子どもに言ったら「恥ずかしいからやめてくれ」と返され、心の中でブルースを熱唱しました。しょんぼり がっくり ためいきフー!

ところで、プログラミングとかアルゴリズムとか、何となく分かるようで分からない私です。
正しい命令をして、意図する結果を出す、ということなんでしょうけど。

たぶん、こんな感じです。

なぜか袋から出た状態の綿あめを近所のBちゃんの家に届けるという用事があるとします。この用事を小学生と機械に正しく遂行してもらうには、どのように命令しなくてはならないでしょうか。

相手が小学生の場合は「この綿あめをもって、Bちゃんの家に届けてね」と言えば、大丈夫かと思います。
その子は家を出るとき、少なくともひとつのことを確認すると思います。それは雨が降っているかどうかです。その後その子はどうするか。例えば傘を取りに帰ろうとか考えて、その考えに従った行動をすると思います。なかには、そのまま行っちゃう子もいると思いますが・・・。

しかし、相手が機械の場合は「この綿あめをもって、Bちゃんの家に届けてね」という命令だけでは不十分です。雨が降っていてもそのままBちゃんの家に行ってしまいます。綿あめは雨で溶けて無くなってしまいます。
なので「もし家を出るときに雨が降っていたら傘を取り、その傘をさしていく」とか「綿あめをビニール袋に入れ、袋の口を閉じる」などの命令をしなくてはならないと思います。

また別の話で、子どもとの会話で感じたことなのですが。

子「お父さんどこ行ったの?」
私「お仕事よ」
子「違うでしょ、駅でしょ」
私「そうだね、駅に行くね」
子「電車乗るでしょ、(座席に)座るでしょ、降りるでしょ」←もしかしてこれってアルゴリズム?

関係各位および読者の皆様へ。
いまいち自信がありませんので、間違いがありましたらご指摘いただけますと幸いです。
こんな私と一緒にプログラミングを勉強してみたいという方、逆にこんなアホには任せられん!という方は是非ご一報ください。
A子でした。

7/9プログラミング講座お申込みページはこちら
スタッフお申込みページはこちら